ホーム > 学園の概要 > 学園の歴史
学園の歴史小さき人たちの声に応え フランスから生まれた精神

小さき人たちの声に応え フランスから生まれた精神


小さな教会で誕生した、シャルトル聖パウロ修道女会。
それは、子どもの教育と病人の世話をする人はいませんかと司祭が呼びかけたところからはじまりました。そこに4人の少女が協力を申し出て、協力者が増え、やがて活動は世界へと広がっていきました。300年以上たっても、そのゆるぎない精神は変わらず多くの国々で受け継がれています。
沿革

沿革

1696年 元禄9年
フランスのシャルトル郊外にある村ルヴェヴィルで、シャルトル聖パウロ修道女会は生まれました。戦争で貧困にあえぐ人々への奉仕と教育活動が、ここからはじまりました。
1878年 明治11年
日本の函館へフランスから3人の修道女が派遣。3人は力を合わせ、授産所や養護施設などを次々と開設し、福祉活動を広げていきました。
1893年 明治26年
仙台白百合学園の前身である「私立仙台女学校」が修道院長スール・イザークを中心に開校。初代校長に芳賀俊吾先生が就任しました。
1907年 明治40年
文部省管轄の学校に昇格し、「私立仙台高等女学校」となりました。後に「仙台高等女学校」と改称。
1945年 昭和20年
文部省管轄の学校に昇格し、「私立仙台高等女学校」となりました。後に「仙台高等女学校」と改称。
1948年 昭和23年
開校以来 「私立仙台高等女学校」
「仙台高等女学校」と改称し、この年「仙台白百合学園」に。校章も梅の花から百合の花へと一新されました。
1998年 平成10年
創立された青葉区花京院の地から、自然豊かな泉区紫山へ移転。
2008年 平成20年
幼稚園から高校までが美しく壮大なキャンパスになりました。
創立115年、移転して10周年、修道女会の来日から130周年にあたる記念の年。「白百合の花のように」という創作劇が上演されました。
2013年 平成25年
創立120周年。記念コンサート、パウロ祭を開催。地域との連携もさらに強くなりました。
Copyright© SENDAI SHIRAYURI GAKUEN. All Rights Reserved.