お知らせ
2019.05.08
第2回不登校生を支援するための研究会(講師:花輪敏男先生)

第2回不登校生を支援するための研究会

~不登校研究の第一人者、花輪敏男先生と不登校問題を考える研究会~
 
昨年10月に本校で行われた「不登校を支援するための研究会」。参加していただいた先生方から継続して開催してほしいという多くの声があり、今年度も花輪先生をお呼びしました。今回は、より現場に即した演習を取り入れます。どうぞお出で下さい。
 
【日 程】
日時 : 2019年7月29日(月)10:00~15:45
会場 : 仙台白百合学園中学・高等学校
参加費 : 無料
講師 : 花輪 敏男(はなわ としお)先生
主催:仙台白百合学園高等学校 通信制課程 エンカレッジコース

 
【プログラム】
第1部 仙台白百合学園高等学校 通信制課程 〔エンカレッジコース〕の紹介
 
第2部 基調講演 「FR式不登校対応チャートによる支援Ⅰ」
 ~基本的な考え方~  講師:花輪敏男 先生
 
  (昼食・休憩)
 
第3部  ワークショップ 「FR式不登校対応チャートによる支援 Ⅱ」
 ~演習:具体的な取り組み ~  講師:花輪敏男 先生
 
第4部  情報交換会  
 ~各学校の様子や取り組み、悩みなどを情報交換し、花輪先生からアドヴァイスを頂く ~

 
【講師:花輪敏男先生のプロフィール】
hanawa.jpg ・FR教育臨床研究所 所長
・公立小学校教諭、指導主事、教頭を経て2000年から04年まで国立特殊教育総合研究所情緒障害教育研究室室長を務める。
・その後、特別支援学校校長を経て、発達障害や不登校等について調査・研究・相談を行うFR教育臨床研究所(天童市)を立ち上げる。
・現在は、共栄大学 客員教授、東北文教大学 非常勤講師、山形県自閉症協会会長などを務める。
 
【参加した先生方のアンケート】
・花輪先生のお話は、現場の課題を直視しておられ、FR式不登校対応チャートによる支援は、目からウロコでした。
・不登校という事象、生徒を見る視点とアプローチの仕方が変わったように思う。
・自分が行ってきた対応が、生徒にとっていかに苦しい選択をさせられていたか、と実感した。圧倒的に技術が不足している。話し方等、日々、意識を高め、訓練をしていきたいと感じた。
・働きかけ方の具体例、声がけの具体例があり、とてもよく分かりました。
・いろいろな具体的なケースへの対応の仕方が大変役に立つと思いました。今後もこのような有意義な研究会の継続を考えていただければと思います。
・情報交換会もとてもよかった。どの学校も、他の先生も、皆、悩んでいることを知るだけで勇気づけられた。
・もっと沢山の教師が研修を受け、正しい対応をしていかなければ宮城県の不登校は減らないと思った。このような研修の場を計画的に設定してもらいたい。
 



次の記事  /  前の記事
お知らせ
 
学校見学会・進路相談会 エンカレッジコースについて 資料請求
Copyright© SENDAI SHIRAYURI GAKUEN. All Rights Reserved.